船橋の家主さん必見、外壁塗装お役立ちマニュアル

HOME » 外壁塗装リフォームの基礎知識 » 外壁材の種類と特性を知る

外壁材の種類と特性を知る

本ページでは、住宅に使用される外壁材の種類や、外壁塗装を行う際の、それぞれの特徴などを述べていきたいと思います。

ご存知ですか、ご自宅の外壁材について

ご自宅に使用されている外壁材について、「モルタル」や「サイディングボード」といった種類までは知っていても、それぞれどんな特徴があるかまではご存じない方が多いことでしょう(私自身もそうでした)。

外壁塗装を依頼するにあたり、まずは外壁材の特徴について知っておくべきです。

外壁材の種類 特徴 
モルタル外壁 簡単に言えば、セメントなどと一緒に練り上げたモルタル材を左官屋さんがコテで塗っていき、乾燥させ、塗料を塗るタイプの外壁です。経年劣化によりヒビが出やすいという難点があります。モルタルにはさらに、以下のような種類があります。
ジョリパット 表面の凸凹は少ないものの、表面にザラザラ感があり塗料を吸い込みやすいため、「吹きつけタイル」よりは塗料の使用量は多くなります。
吹きつけタイル 表面は大きな凸凹がなくツルツルしているため、塗料の使用量は比較的少なめ。作業的にもローラーで塗装することができます。
リシン 表面はブツブの砂状で粗く、塗料を吸い込みやすいため使用量も多くなり、時間も比較的かかります。ヒビやカビの発生もよく見受けられます。
スタッコ 表面が粗く凸凹も激しいため、多くの塗料が必要(「吹きつけタイル」の約3倍)で、作業的にも手間と時間がかかります。
サイディングボード 1枚1枚ボードを貼っていく外壁です。アルミ、スチール、窯業系などがあり、塗装の塗り替えが必要となるのは窯業系がメインです。ボードとボードのつなぎ目である「目地」にゴム状のシーリング材が埋め込まれており、塗装の際にはこのシーリングの交換も必要になってきます。
トタン外壁 亜鉛めっき鋼板を加工成形した外壁で、経年劣化でサビが発生しやすい弱点があります。また塗料には鉄部用の塗料を使用する必要があります
板張り  「下見板」「羽目板」とも言い、その名の通り、木材を使用した外壁になります。当然ながら木部用の塗料を使用する必要があります

以上が主な外壁材の種類ごとの概要になります。

さまざまな塗装に対応しているのは この業者

少なくともご自宅の外壁がどれで、どんな特徴があるのかを、まずは知っておくと、いざ外壁塗装を依頼する際に、より的確な判断が下せるようになるはずです。