船橋の家主さん必見、外壁塗装お役立ちマニュアル

HOME » 外壁塗装リフォームの基礎知識 » 悪徳業者を見極めるポイント

悪徳業者を見極めるポイント

本カテゴリーでは、外壁塗装リフォームに関して消費者の立場としてあらかじめ知っておきたい知識をご紹介していきたいと思います。

外壁塗装を依頼する際に注意したいポイント

外壁塗装を依頼する際、もっとも心配なことは「悪徳業者」に引っかからないということです。

口コミで評判になるような優良の業者がある一方で、驚くような金額の見積もりを出してきたり、手抜き工事を行って工程を短縮するといった悪徳業者も少なくありません。

外壁塗装は足場の設置から実際に作業員を動員しての塗装までさまざまな工程を経るため、決して格安で済ませられる工事ではありません。ここでは、悪徳業者に当たらないために注意しておきたいポイントを3つにしぼってまとめています。

1、訪問販売には要注意

悪徳業者のもっとも多い手口として、セールスマンのように突然お宅訪問にやってきて、外壁についてのアドバイスなどを語り始めたり、不安を煽ったりといった方法が挙げられます。
手口例:「外壁の塗装が劣化しています。すぐにでも工事をしないと壁が腐ってきますよ」「このままではご自宅が危険です!」

相手の話に乗ってしまうと、外壁塗装業者を複数比較し、詳細な説明を受ける暇がないので、そのままスムーズに契約へ至ってしまう可能性もあり要注意です。

2、信頼のできる業者かどうか

悪徳業者に当たらないためには、まずその工務店(業者)が信頼できるかどうかが大切です。

その地域で施行実績を豊富に抱えており、知人の口コミなどで広まっているような会社であれば、ほぼ優良と考えて良いでしょう。外壁塗装工事についても、可能な限り誠実に対応してもらえるはずです。

しかし、こちらがまったく知らない業者というのは、何かと不安がつきまとうものです。どこかで手抜きをしたり、割引サービスと言っておきながら結果としてトータルの金額が割引になっていないなど、何らかの問題を抱えている可能性もあります。

外壁塗装業者を選ぶ際には、できるだけ身近なネットワークを使い、安心のできる会社や工務店を選びたいところです。

3、見積もりの内容に注目

外壁塗装は、足場の組み立てから仕上げのチェック、清掃作業、足場の解体まで順序を追って作業を行います。それらの工程について、できるだけ細かく見積もりを取ってくれる業者を探すと良いでしょう。

丁寧に見積もりを作成してくれる業者ほど誠実であり、手抜き工事や水増し請求などといった悪徳業者ならではの手口を避ける傾向にあります。作業を依頼する側としても、何にどれだけのお金がかかっているのかをチェックできれば安心ですよね。

何十万と大きな値引きをしてくる業者は注意が必要です。最初から高値で見積もりを出している可能性が高く、優良な業者とはいえません。契約に至ったとしても、値引いた分、塗装回数を減らすなどの手抜き工事をされかねません。

悪徳業者に当たってしまうと、法外な料金を請求されるだけでなく、せっかく工事をしたのに手抜き工事でやり直しになってしまう恐れがあります。可能であれば複数の業者に依頼し、見積もりを2、3件取っておいて、それらを比較してから業者を決定するとさらに安心です。