船橋の家主さん必見、外壁塗装お役立ちマニュアル

HOME » 外壁塗装リフォームの基礎知識 » 塗料の種類と耐久性一覧

塗料の種類と耐久性一覧

本ページでは、外壁塗装用の塗料の種類と耐用年数、およびそれぞれの塗料の価格目安などについて述べていきたいと思います。

塗料の種類によって変わる耐用年数

そもそもの話しとして、外壁塗装の価格は、用いる塗料の種類によって価格が大きく変わってくるという側面があります。また、価格面だけでなく、塗料によって向き不向きや耐用年数が異なってきます。

この塗料の種類ごとの違いについては、実際に作業を依頼する際に重要な要素となる項目ですので、ぜひ知っておいてください。

では、外壁塗装用の主な塗料について見ていきましょう。下段に行くに従い、耐用年数が長く、価格も高価になると考えてください。

塗料の種類 特徴
アクリル系塗料 コスト面では割安で利用される頻度も高い反面、耐用年数は5年から8年程度となっています。紫外線にも弱いため、屋根などには不向き。モルタル壁や不燃材を用いたサイディング壁などに適しています。
ウレタン系塗料 アクリル系に比べ紫外線に強く、水弾き性も優れていますが、汚れやすい短所も。価格はやや高価で耐用年数は6年から10年程度となっており、板張りやモルタル壁全般、不燃材/金属製サイディング壁に適しています。
シリコン系塗料 より紫外線に強く親水性もあるため、汚れを防ぐ効果が望めます。価格はウレタンより高価となりますが、耐用年数も8年~15年程度と伸びています。モルタル壁全般、不燃製サイディング壁に適しています。
フッ素系塗料 外壁用塗料としては最も耐用年数が長く、12年~20年を誇りますが、その反面価格も高くなります。ただし、製品のよって耐用年数や価格に幅があるため注意が必要です。モルタル壁全般、不燃製サイディング壁に適しています。
 

私が依頼した耐用性の高い塗料を使っている船橋の業者はココ>>

 

塗料別の価格差の目安

上記の通り、外壁用塗料は安い順にアクリル系、ウレタン系、シリコン系、フッ素系という序列になっています。では、もしも同じ条件で塗装を行なった場合、どの程度の価格差となるのか、気になる所でしょう。

ここでは、20~30坪程度の標準的2階建家屋の場合の費用相場を比較してみます。

  • アクリル系塗料……60万円から110万円
  • ウレタン系塗料……75万円から125万円
  • シリコン系塗料……85万円から140万円
  • フッ素系塗料……150万円から250万円

この価格はあくまで目安であり、実際には建物の形状や外壁の状態、行う修復作業内容などによって異なります。

いずれにしても、外壁塗装を依頼する際は、価格のみならず、耐用年数や塗料の特徴も考慮して選ぶべきです。

近年注目の光触媒(酸化チタン)塗装

上記に加え、汚れに強い塗料として注目を集めているのが光触媒(酸化チタン)塗装で、その代表格がTOTOのハイドロテクトです。

簡単に言えば、光に当たると電子などが発生してカビや油分汚れなどを分解し、さらに親水性で、分解された汚れを雨で洗い流すという特徴があります。

特別な研修が必要なため扱っている業者は限られますが、逆に言えば扱っている所は一定レベル以上の技術力をもつと判断してようでしょう。お値段はフッ素系よりも割高という感じです。