船橋の家主さん必見、外壁塗装お役立ちマニュアル

HOME » 外壁塗装リフォームの基礎知識 » 外壁塗装が家の寿命を左右する!

外壁塗装が家の寿命を左右する!

本ページでは、外壁塗装が住宅の寿命にどの程度関わっているかについて、紹介していきたいと思います。

塗り替えないとダメ?

少々経年劣化していても、お金がかかるからと外壁塗装をしない家庭も多いものですが、ひとたび雨漏りや外壁の損壊などが発生すれば、家に住むことにダイレクトに影響が出てきてしまいます。 そもそも外壁塗装の目的は、住宅の外観を美しく魅せるというだけではなく、断熱性の向上や劣化を防ぐといったさまざまな機能を持っています。

外からの雨風を防いで、安心して家に住めるようにするのが外壁塗装の役割です。 たとえ壁にヒビや雨漏りが出ていなくても、ある程度の年数が経過したら外壁塗装を行うべきでしょう。

塗り替えないとどうなる?

外壁塗装をせずにいつまでも放置していると、住宅の機能面に関わってくる可能性があります。特に木材や鉄筋などを使っている住宅では、壁に使われている材料に水分などが到達し、見えないところから住宅を劣化させていくおそれがあります。

雨漏りなどによって外から水分が浸食していくと、カビやサビつきなど、さまざまな影響が起きるだけでなく、最悪の場合外壁の修復作業が必要になる場合もあります。

そのような場合、かかるコストも莫大なものになってしまいますので、外壁塗装を早めに行うことが大切なのです。 また、外壁は窓やドアまわりだけでなく屋根や家の裏など、普段あまり意識していない部分も含まれます。あまり意識しない場所こそ、知らないうちに外壁が劣化している場合がありますので、早めに手を打つことが重要です。

外壁塗装の塗り替えをしよう!

外壁塗装は家の美観を守り、経年劣化によるトラブルを防いでくれる方法です。壁に雨風が侵入しないようにきちんと外壁塗装を施しておくことで、劣化のスピードが抑えられます。

一度外壁がダメージを受けると、傷などができてそこから水が浸入したり、虫やカビの発生などにもつながります。目に見えない場所ほどトラブルが起きやすいため、少しでも劣化が気になった時は早めに塗装を行うようにしましょう。

外壁塗装の目安は10年と言われています。家を建ててから10年以上が経過している場合は、一度壁の状態をチェックしてもらい、必要に応じて塗装を施していきます。 外壁塗装は自分で行うこともできますが、基本的には丁寧な作業によって確実に塗装を施してくれるプロに依頼をするようにします。信頼のできる業者を探し、早めに対策を打っておきたいところです。