船橋の家主さん必見、外壁塗装お役立ちマニュアル

HOME » 外壁塗装リフォームの基礎知識 » 外壁を長持ちさせるために

外壁を長持ちさせるために

本ページでは、外壁塗装を実施するにあたり、その効果を長持ちさせるために知っておくべきことや、塗り替えのタイミングなどについて述べていきたいと思います。

外壁塗装用の塗料には寿命がある

まずは、外壁塗装を業者に依頼する前のお話から。「塗料の種類と耐久性一覧」のページで述べています通り、外壁塗装用の塗料には寿命というものがあります。一度塗装したからと言って、未来永劫その外観が保持されるというものではありません。

外壁塗装は物件や立地、気候条件、そして使用している塗料によっても異なりますが、早い場合で6年程度、長くても15年経過したらほぼすべての建物で外壁塗装が必要になります。

外壁塗装は建物自体を長持ちさせる上で重要な役割を担っています。塗装を常にキレイな状態に保つことができれば、その下にある外壁も守られるということなのです。

長持ちさせるための塗料選び

例えば、使用する塗料の種類。ご予算との兼ね合いになりますが、より耐久性のある塗料を選べば、より長持ちすることが期待できます。アクリル系よりもフッ素系といった具合です。

ただし、その場合でも、壁材の種類に応じて適切な塗料を選ぶことが大前提です。木材にフッ素系塗料は使えません。

また、紫外線や雨風を多く浴びる部分ほど塗装の劣化は早まりますので、立地や日射量に合わせて施工方法や塗料を変えるといった工夫も有効です。例えば建物の西側はより耐久性のある塗料を使用するといった具合です。

長持ちさせるための塗り方とは

さらに、施工業者が何回重ね塗りをするかも重要な要素です。「作業完了までの流れ」のページでも触れていますが、外壁塗装では業者によって下塗り、中塗り、上塗りの三回塗装を行うのが一般的ですが、2回で済ます業者もいます。

下塗りをせず上塗りだけなんて業者は論外です。施工前の見積もりで、この点もしっかり確認しておきましょう。

塗装作業完了後は・・・

ご自宅の外壁塗装を完了したら、その状態を長く保ちたいもの。そのために必要なことは、実は意外なことに、室内の環境を正しく保つというのがあります。

例えば、室内が乾燥しすぎている、湿気が多すぎる、結露が発生しやすいといったことがあると、外装の傷みにつながってくるのです。

これらを対策することで、外装の傷みを軽減したり、劣化を遅くすることは十分できます。外壁と内装は決して無関係ではないことを心に留めておいてください。

また、外装の状態を定期的にチェックすることも重要です。外壁塗装は建物の劣化を外的要因から守る盾のようなもの。適切なメンテナンスを行うことは、なにより建物を守ることにつながります。

このことからも、外壁塗装を行う業者は、高い信頼性と施行技術をもつところを選ぶべきです。